「実行委員の感想」タグアーカイブ

【実行委員の感想】土屋さん

8月のPOJ石巻では大変お世話になりました。雑賀さんがおっしゃっていた通り、最後のきずなオールスターズの「きずな」は感動的でした。マキさんバンドのサポートしかできず恐縮しておりますが、草野社長さんも笑顔で暖かく迎えてくださり、皆さんとの繋がりを、年数を重ねる毎に実感しています。

そして、何より、雑賀さんのお人柄や統率力には本当に頭が下がります。お疲れ様でした。微力でも何かお役に立てるなら一緒に活動を続けさせて頂きたいと思います。

【実行委員の感想】長島君

今年は、初日の夕方から参加させて頂きました。このため、主に2日目の撮影の補助を務めました。今回も、来て頂いた方に笑顔が見られ、一年間暖かく待っていてくださった感じを受けました。特に、体操の時の和気あいあいとした雰囲気は印象的でした。これらの事から、活動を継続していくことの大切さを感じました。

また、事務的な面から見れば、2日目の準備がプログラム開始前に間に合った事や、去年の個人的な反省から、中学生の発表の配置を事前に把握し、撮影にのぞめたのは良かったと思います。

他方で、まだまだ事前の把握が足りない部分もあった点は、反省点でもあります。
また、今年度は来場される方が明らかに減ったとの印象を受けました。物理的な復興が進んでいる事がわかった反面、寂しい感もしました。このため来年以降、どのような形で行うか検討する必要もあるのではないかとも感じました。

最後に、今回も様々な事を学ばせて頂きました。本当にありがとうございました。

来年も多くの方々に向日葵のような大きな笑顔が咲きますように!
※シャワーを温水にするには、スイッチを押すことが必要であるとのこと。夏でも、水シャワーは厳しいものがあったので、最後に記載することにしました。

【実行委員の感想】草野さん

1日目は全体的に良かったと思います。

ステージ関係に関して。今後は焼き鳥スタートと 開演時間を同じにしたらありがたいと思います。全員で小川マキさんの絆を演奏できたのは良かったと思います。雑賀さんの司会もよかったと思いまし、ご子息が地元のお子さん達と遊んでいる点は微笑ましかったです。

2日目私は欠席でしたがほかのみなさんが力を合わせて頂いて無事終了できましたありがとうございます。

来年、2日目の集客方法に関して。来年バスツアーができたら嬉しいです。
それぞれの分野が協力し合って成功できたと思います。継続は力なりだと思います。

【実行委員の感想】新井さん

【1日目】

( やきそば・焼き鳥の振る舞いについて )
今回は大森第三団地の方が手伝っていただいて 非常に助かりました。準備、調理には どうしても人出が必要となってしまいますので、POJの方が あと1名 専属で一緒にいていただくともっと スムースに出来ると思いました。

( 石巻専修大学 )
改めて、毎年お世話になって大変感謝をしています。遅くまで食堂を利用させていただき、また夕食・朝食手配をはじめ、いろいろな準備を事前にしていただくのは本当に大変だと思いました。

【 2日目】

マッサージを担当しましたが、昨年よりも 多くの方が利用をしていただき嬉しかったです。その他の作業でお手伝いができることがあれば、新井は 2日目は時間に余裕がありますので、なんなりとおっしゃってくださいませ。

【 統括 】

村さんが志村さんに託した、飛行機を遊ぶ姿の子供を見ていました。村さんが、普段の生活で これをPOJに持っていったら子供が喜ぶはずだと、考えて生活をしていたんだと、 改めて関心をしました。村さん、志村さん、来年お二人そろっての参加を期待しています。

3回目の参加でしたが、来年も もっと スムースに そして 自分が出来ることを率先してやって行くべきだと 考えました。雑賀さんがおっしゃっていた 「 来た時より綺麗にして帰る 」 って、 気持にも感銘しました。

また、新井は 当日の参加でお手伝いをしているだけですが、POJを運営していくのに普段から 対応をしていただいている方に本当に感謝をしています。ありがとうございます。来年も参加をさせていただきます。

【実行委員の感想】小林さん

今年も参加させていただきありがとうございました。撮影や編集は自分としてはまだまだ力不足の感が否めませんが、我々の活動や理念を伝えるツールとして、参加されたみなさんの良い思い出として、記録として、反省として、そして来年へ向けてのヒントとして、何かにお役に立てれば幸いです。

【振り返り】

1日目の大森第三団地は、初めてお邪魔したところとは思えないほど、仮設住宅の皆さんが好意的でとても良い雰囲気の中、開催できたのではないかと思います。ただご来場の皆さんが集まるのが早すぎて、逆に本番では人数が減ってしまったこと、もう少し時間配分を検討したほうが良いかと思いました。

2日目は、現地の方がやや遠慮気味の感じがしました。最前列にお座りいただき、もう少し楽しんでいただきたかったです。今年、草野さんの替わりに音響設置のお手伝いをしましたが、前後の音量のバランスがイマイチでした。すみません。まぁ「音が出た」だけ良かったのかもしれませんが・・・。

今回、動画のコンセプト編を「仲間」をキーワードに編集しました。この活動に参加する一番の意義はやはり被災地の皆さんとの交流だと思いますが、毎年、色々な方とお仲間になれることが、参加動機として大きくなってきているような気がします。今年も本当にありがとうございました。